2006年11月21日

New Single「涙のふるさと」/ BUMP OF CHICKEN

namidanofurusato.jpg

2006.11.22.
BUMP OF CHICKEN
「涙のふるさと」
1.涙のふるさと
2.真っ赤な空を見ただろうか
Bonus Track
おるすばん
(↑ネタバレ防止のために白字で伏せておきます。)

しっかりフラゲしました!
早速レビューを書きたいと思います♪

BUMP OF CHICKEN名義のCDとしては、昨年に発売された「supernova/カルマ」以来。
今年に入ってからは、MOTOO FUJIOKA名義の「SONG FOR TALES OF THE ABYSS」、無声映像作品「人形劇ギルド」の2作が発表され、後者には彼らのオリジナル楽曲が収録されていたが全てインストであった。
よってBUMP OF CHICKENの歌としては今年初のリリースとなる。

CDジャケットは、彼らが何も構想が無い状態からホームセンターで材料を買ってきて作ったロボ。
その製作過程は今月発売されたWHAT's IN?にも掲載されていたので、興味がある方は参照してください。

1.涙のふるさと
最初聞いたときは、「プラネタリウム」に似ている雰囲気の曲だなと思った。
ギターのキラキラとした音色やテンポが「プラネタリウム」の流れを踏まえていると感じたからだ。
だけれども、全体を通して聴いてみると紛れもない「新曲」であることが理解できた。
今までになかった新たな楽曲として、彼らの楽曲郡に胸を張って加わっている。

「ワン・ツー・スリー」のカウントから始まるイントロは、ライブ感が出ており、そこに自由に舞うギターフレーズとシンプルかつ的確なベースが目立つリフが絡んでくる。
ヴォーカルがストラトキャスターの無骨なストロークとともに始まり、そこにベースが裏のメロディを奏でるかのように加わることで曲は展開していく。
リードギターが控えめなところが前作「カルマ」との大きな違いだが、そのリードギターの放つ音色がヴォーカルの声質と融合しており、個人的にはそれがこの曲の最大の魅力だと感じた。

煌びやかさと強さを持ったギターソロの後に、BUMP OF CHICKENの楽曲でも聴き所であるCメロが添えられている。
1番Aメロのようにストラトキャスターとヴォーカルとスネアだけのアレンジから始まり、そこにリードギター、ベースがとても自然に加わる様は相変わらず美しい。

本作の歌詞は、作者・藤沢基央のパーソナルな想いに焦点が当てられているかのようにとられる。
これから出掛ける「君」の「涙のふるさと」。
そして、その先を歩む「彼」。
それらに対して、「俺」は「君」を待ちながらも、「君」のもとへ「会いに来たよ」と伝える。
彼らの楽曲郡の中で、「俺」という一人称が用いられたのは初めてのことではないだろうか。

また、この曲はLOTTE「エアーズ」のCMタイアップ曲(彼らにとって初のCMタイアップ)であり、PVの内容もそのCMと連動した作りになっている。



2.真っ赤な空を見ただろうか
例えるならば、「車輪の唄」と「カルマ」と「アルエ」を足したような楽曲。
タイトルを見ただけでは、童謡のような内容で、「睡眠時間」や「同じドアをくぐれたら」のような楽曲をイメージしてしまうが、シンプルなロックナンバー。
約4分弱という短さだが、その中にたくさんのアイデアやオカズが込められている。

イントロレスでヴォーカルとエレキギターのストロークから始まり、軽快のリズムのベース・ドラムとともに曲はサビへと向かう。
バンドの演奏はオーソドックスなBUMP OF CHICKENといった印象が強く、非常に聴きやすいアレンジになっている。
サビの直前で盛り上がり、そのままサビへと突入する流れは「オンリーロンリーグローリー」に似たものを感じる。
2番サビ後のジャムっぽい間奏は、お得意なギターソロのダビングが披露されており、「アルエ」の懐かしさが漂っている。

楽曲自体はアコースティックギター一本による弾き語りでも成り立ちそうだが、それをBUMP OF CHICKENというフィルターを通すことで、このように解釈されるということが証明されている。

歌詞の方は、個人的にはこのフレーズに全てが集約されていると思う。

「ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう

大切な人に唄いたい 聴こえているのかも解らない
 だからせめて続けたい 続ける意味さえ解らない」

藤原基央がこの歌詞に現れる言葉を何のメタファーとして使用しているのか
は分からないが、とても強くてストレートなメッセージ性が込められているのがひしひしと伝わってくる。


3.おるすばん
2.「真っ赤な空を見ただろうか」をそのまま再生していると、8:07あたりから始まる。
Bonus Trackとしては珍しく藤原がメインヴォーカルを務めている。
もう片方のサブヴォーカルは升だろうか。
2人のヴォーカルワークが絶妙でハモリもばっちしきまっているところに驚いた。
壮大なスローバラードだが、歌詞は相変わらずおふざけ。
藤原による「Everybody, everybody has a dream」(サビのフレーズ)の熱唱っぷりが気持ち良い。

また、最後のサビはコーラスがオーバーダビングされており、クライマックスを演出している。
「supernova」とは違ったゴスペル要素が輝いており、彼らのBonus Track史上もっともテンポの遅い楽曲だろう。



<情報>
excite Musicにて特集サイトがオープン
http://ent2.excite.co.jp/music/interview/2006/bump2/index.html
posted by kai at 20:23| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、BUMP好きの者です。

「涙のふるさと」を購入しようかしまいか迷っていたところ、このブログのレビューが目に留まりました。
買って損はないなと思い、さきほど買って来ました。

自分もこんなレビューいつかは書いてみたいなと思うのですが、こんなの書けません…(汗)
尊敬に値します。本当に凄い…。

自分もブログもっているので(音楽関係ではないですが)、リンク貼らせて頂きました。
それではまたちょくちょく来ますのでよろしくお願いします。
Posted by あきかぜ at 2006年11月22日 17:40
あきかぜさん>
いらっしゃいませ〜(*^▽^)

自分のレビューを読んでいただいただけでも嬉しいのに、これがきっかけでご購入されたというのがとっても嬉しいです!!

レビュー褒められたの初めてです、ありがとうございます♪
こーいうの書くの好きなんですよ(*´∀`)
それで、HMVのフリーペーパーや音楽雑誌とかのレビュー読んでいるうちに、吸収しちゃったみたいですw
だから自己満足かもしれませんが、好きな気持ちがあるから長続きするんだと思います!
これからもレビュー頑張ってかきますね♪

もしよろしかったらあきかぜさんのblogのアドレスも教えていただけないでしょうか?
相互リンク貼りたいです!
Posted by kai at 2006年11月23日 01:43
タイアップで、童謡みたいなレビューしたかった。
Posted by BlogPetのキャン at 2006年11月23日 12:22
プロ野球関係のブログです。
自分はプロ野球と音楽には目がなくて…w

自分は長文書こうと思うと飽きてしまって…語彙が貧相なんですねw
だからこのようなレビューや文には本当に憧れます。

これからもこのようなレビュー読むのを楽しみにしています^^
Posted by あきかぜ at 2006年11月23日 21:54
あきかぜさん>
スポーツと音楽って実は深く結びついているものだと思いません?w
その根底にはどっちも「楽しい」ってものがありますよね!
誰かが言ってたんですが、「スポーツと音楽は世界平和を守る最強アイテム」って言葉、納得できます♪

これからも期待に沿えるように様々なレビューを書きたいと思います!
Posted by kai at 2006年11月26日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27965786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。